魔法が現実に: 東京で開幕する「ハリー・ポッター」の世界

アトラクション

2023年6月16日、東京のとしまえん跡地に、魔法の世界への扉が開かれました。

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、アジアで初めての展開となります。

ロンドンのスタジオツアーに続く、待望の第二の施設です。

ここでは、「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタスティック・ビースト」シリーズの映画制作の裏側に迫ります。

映画で見た魔法の世界を実際に歩いて体験することができますよ。

この記事でわかること

  • としまえん跡地はどこにあるの?
  • ハリーポッターシリーズの所要時間は?
  • おススメの食事やスイーツは?

アジア初のこの施設は、ロンドンのスタジオツアーに続くもので、世界中のハリー・ポッターファンにとって新たな聖地となること間違いなしです。

では、いっしょに見ていきましょう!

としまえん跡地はどこにあるの?

スタジオツアー東京へのアクセスは驚くほど便利です。

西武豊島線と都営地下鉄大江戸線の「豊島園駅」からわずか2分という近さにありますよ。

ハリーポッターの魔法の世界に足を踏み入れるまでのわくわく感が、すでに駅から始まっています。

駅の改札や電車内もハリーポッター一色に染まっており、4つの寮のフラッグが駅前に掲げられているのを見ると、もう冒険が始まったかのよう。

車で行くなら、東京外環自動車道「大泉IC」から目白通りを約20分走るだけです。

ただし、駐車場は予約制で、1日1,800円かかるので注意が必要です。

事前にチケットと一緒に予約を済ませておけば、当日はスムーズに駐車できます。

このスタジオツアーはファンにとっては夢のような場所でしょう。

駅からのアクセスの良さはもちろん、車でのアクセスも考慮されている点が素晴らしいと思います。

ハリーポッターの世界に浸るための第一歩として、旅の始まりにふさわしい雰囲気を駅自体もハリーポッターの世界観は、ファンにとってはたまらないのではないでしょうか。

スタジオツアーへの訪問を計画している方は、ぜひ、この魔法のような体験を楽しんでくださいね。

ハリーポッターシリーズの所要時間は?

入場後、出迎えてくれたのは最も危険な種類のドラゴンといわれるハンガリー・ホーンテイルがいます。

ハリー・ポッターシリーズ第4作『炎のゴブレッド』に登場しましたね。

大迫力の大きさにテンションが上がります……! では早速、映画の世界へと足を踏み入れましょう。

扉を開けた先に「ホグワーツ魔法魔術学校」の世界

ホグワーツの魔法と魅力が詰まった大広間は、映画でお馴染みの壮大なセットです。

開かれた扉の向こうには、寮別ポイントや教職員、生徒たちの衣装が展示され、訪れる者を魔法の世界へと誘います。

フクロウの演台は金でコーティングされ、長年の使用感が演出されていますよ。

教壇には、ハグリットやダンブルドア校長など、等身大の人形が並び、訪れる者に感動を与えてくれます。

4寮の制服も展示されており、名前が記され、着こなしの違いが見て取れます。

この光景は、映画を観たことがある人ならば、「あ、これ観たことある!」と思わず声を上げるほどです。ホグワーツの魔法の世界を現実に感じさせるこの展示は、多くのファンにとって忘れられない体験となるでしょう。

「グリフィンドール談話室&男子寮」

ハリー・ポッターシリーズの魔法の世界では、グリフィンドール談話室と男子寮は、ハリーにとって初めての家となる場所です。

このセットは、華やかさよりも快適さを優先してデザインされており、使い古された家具が置かれた居心地の良い空間を演出しています。

特に赤いソファは、張替えや叩くことで、使い古された感じを出していますよ。

また、2階にはロンの母モリー・ウィーズリーがクリスマスプレゼントにくれた手編みのセーターが飾られており、男子寮も細部にわたって再現されています。

思ったよりも小さな空間ですが、それはハリーにとっての我が家となるよう意図的に作られたものです。

シリーズを通じて、ベッドは同じものが使われ続けました。

成長する俳優たちがベッドを超えるほど大きくなってしまったことを隠すために、制作陣はカメラアングルを工夫して撮影したようです。

日本限定の体験!「クィディッチエクスペリエンス」

ハリー・ポッターの世界に飛び込む特別な体験ができるのは、クィディッチの試合を観戦するだけではありません。

クィディッチに使われる道具やロンの衣装などの展示も楽しめます。

この魔法のような体験は、映像としてダウンロードも可能ですよ。

観客としてだけでなく、クィディッチの一部となるこの体験は、ファンにとって忘れられない思い出になること、うけあいです。

「ダンブルドアの校長室」

ハリー・ポッターシリーズの魅力的な世界には、ダンブルドアの部屋があります。

この部屋はホグワーツ城の高い塔に隠されており、映画でハリーが度々訪れる場所ですよね。

ここには、憂いの篩、組み分け帽子、グリフィンドールの剣など、物語の重要なアイテムが保管されています。

また、歴代のダンブルドアが着用した衣装や、ファンタスティック・ビーストに登場するジュード・ロウ版の衣装も展示されています。

これらの展示品は、物語の世界への入り口として、ファンにとっては特別な意味を持っていますね。

ホグワーツ城へと向かう「9と3/4番線ホグワーツ特急」

ロンドンの魔法界の入り口にある9と3/4番線から、ホグワーツ魔法魔術学校へ向かう旅は始まります。

ここでは、壁に手押しカートを押し込むポーズで写真を撮ることができるセットがあり、多くの生徒たちがこの伝統に従っていますね。

ホグワーツ特急では、映画で見たシーンが各客室で再現されており、列車が進むにつれて物語が展開します。

車窓からはCGで加工された景色が流れ、ハリーがディメンターに遭遇するシーンなど、映画の魔法が現実に蘇りますよ。

この魔法のような体験は、訪れるすべての人々に夢と魔法の世界への入り口を提供します。

「ダイアゴン横丁」

ホグワーツ魔法魔術学校の生徒たちが新学期を迎えるにあたり、必ず訪れるのが魔法界の商店街「ダイアゴン横丁」です。

ここは『ハリー・ポッターと賢者の石』で我々が初めて目にした場所であり、その後の映画でも度々登場しますね。

その都度、壁の位置や店の配置、建物の角度などが微妙に変更され、魔法の世界のリアリティを高めています。

特に有名なのは、フレッドとジョージが経営するいたずらグッズ店「ウィーズリーウィザードウィーズ」と、杖の専門店「オリバンダーの杖店」です。

どちらも生徒たちにとっては新学期の準備には欠かせない存在です。

ダイアゴン横丁は、ホグワーツの生徒たちにとって、魔法の学び舎への扉を開く、夢と魔法に満ちた場所ですね。

おススメのお土産、食事やスイーツ

「スタジオツアー東京」では、訪れるすべての人々に魔法の体験ができますよ。

エントランス近くのメインショップでは、限定商品を含む魔法ワールドのアイテムが豊富に揃っています。

ツアーの前後に気軽にショッピングを楽しむことができます。

特に、ヘドウィグが描かれた杖はここでしか手に入らない限定アイテムで、ファンには見逃せない一品です。

また、自分だけの名前を刻んで作ることができるカスタマイズサービスもあり、世界に一つだけの特別な記念品を作成することが可能です。

食事に関しても、「スタジオツアー東京」は充実しています。

「フードホール」では、朝食から夕食まで英国料理を味わうことができます。

まるでホグワーツの大広間を思わせる雰囲気の中で食事をすることができますよ。

各寮のフラッグが飾られた空間は、まるで映画の世界に足を踏み入れたかのような感覚を与えてくれます。

「チョコレートフロッグカフェ」もおすすめです。

ハグリットのバースデーチーズケーキやニフラーを模したチョコレートムース、寮の色をテーマにしたドーナツなど、映画にちなんだスイーツを楽しむことができます。

まとめ

「スタジオツアー東京」で、魔法の世界を体験しませんか?

「ハリーポッター」シリーズや「ファンタスティックビースト」シリーズの魅力が詰まったこの場所は、ファンはもちろん、初めての方にも楽しんでいただけるようになっています。

チケットは事前予約制で、日時を指定して購入する必要があります。

計画を立てて、自分に合ったペースで魔法の世界を堪能し、忘れられない1日を過ごしましょう。予約はお早めに!

住所 東京都練馬区春日町1-1-7

営業時間(時期により異なります。)
<例>
スタジオツアーオープン 9:30
ファーストツアー開始 10:00
ファイナルツアー開始 15:30
スタジオツアークローズ 19:30

アクセス【電車】西武豊島線「豊島園駅」(西武池袋駅から直通で約17分)から徒歩約2分、または都営地下鉄大江戸線「豊島園駅」から徒歩約2分


【車】東京外環自動車道「大泉I.C.」から目白通り沿いに約20分駐車場あり(1日1,800円)※チケット購入時にあわせてパーキングも要予約

タイトルとURLをコピーしました